• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

ペンとノート 今週の「週間ルーセント通信」 代表 後藤 亘の経営者様向け専門コラム

最新コラム

第54話 新事業展開とマーケティング

皆さんは中小企業白書をご覧になったことがありますか? 今週は、2017年の中小企業白書の中からマーケティングに関わる トピックを1つご紹介しましょう。 中小企業のライフサイクルの中では新事業展開が重要であるとの観点から、 新事業展開に成功している企業と成功していない企業で…

詳細はこちら

バックナンバー

第53話 イベントの効率的活用法

皆さん、モーターショーはご存知ですか? 自動車メーカーをはじめ、主要部品メーカーが一同に介して、 未来を見据えたコンセプトカーや車に関わる最新技術の展示を行う 一大イベントですので、見に行かれる方も多いか思います。 同様に、あなたの会社に関わる技術に関連する展示会や、 そ…

詳細はこちら

第52話 マーケティングツールのポイント

考えてみてください。 あなたの会社の得意な技術、そしてそれを使った新製品ができました。 それを市場にリリースする場合の戦術についてです。 例えばそれがB2Cビジネスであれば、新聞やテレビなどのマス広告を使うことで 潜在ユーザーにリーチして情報を届けることは、コストはかかり…

詳細はこちら

第51話 見せるコンテンツの最適化

テクニカルマーケティングの役割について、何度か解説いたしました。 それは、「自社が待つ優れた技術やユニークな製品の応用用途を 拡大するためのマーケティング活動」です。 このテクニカルマーケティングも、業種や製品分野に依存することだけでなく、 運用する場面や相手によって、対…

詳細はこちら

第50話 マーケティングのマニュアル化

社長の職場には、何種類のマニュアルが存在しますか? ものづくりに関わる現場では、経験値による作業に重きが置かれることもありますが、 それでもマニュアルの大切さや有益性については、十分に理解していると思います。 特に最先端の技術を追い求めるような分野では、常に実験やシュミレ…

詳細はこちら

第49話 マーケティングの動線

マーケティング活動と一言で言えても、具体的なアクションは多岐にわたります。 その個々のアクションを行き当たりばったりで行っていては、非効率であるだけでなく 全くの無駄骨になってしまうこともあります。 そのアクションを系統立てて行う時にガイドになるのが動線です。 意外と思わ…

詳細はこちら

第48話 マーケティングを意識した開発

製造業の場合、商品開発とマーケティングを切り離して考える事は出来ません。 常にこの2つはセットで戦略と計画を作り、運用する必要があります。 さらにこのマーケティングは、その開発商品がどのように利用されるのか といった用途開発を意識した活動にしないと、商品開発の成果をビジネ…

詳細はこちら