• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

ペンとノート 今週の「週間ルーセント通信」 代表 後藤 亘の経営者様向け専門コラム

第61話 持続的成長を狙う視点

中小製造業に限らず、企業が持続的な成長をしていくために必要なことは、2つあります。 経営者の方ならすぐにわかると思います。 1つは常に新しいビジネスや顧客を獲得し市場を拡大すること。 もう1つは、新しい製品やサービスを出し続けることです。 この2つは、お互いが常に影響しあ…

詳細はこちら

第60話 マーケット拡大を狙う用途開発

ビジネスの成長を図るには、あるいは成長し続けるには、マーケットの 拡大が欠かせません。 これは製造業のような第2次産業に限ったことではなく、 農林水産業のような第1次産業でも小売業やサービス業に代表される 第3次産業にも共通のことです。 よく使われる市場拡大マトリックスは…

詳細はこちら

第59話 商品開発と用途開発

製造業に限らず全ての企業は、成長し続けるために常に新しい商品や サービスを提供していく必要があります。 ですから多くの会社では日々新しい商品開発に多くのリソースを割いています。 商品開発で成功するには、マーケットのニーズを汲み取ることだ、とよく言われます。 耳で聞くともっ…

詳細はこちら

第58話 中小製造業の未来

用途開発誘起戦略を一言で言えば、技術の本質をわかりやすく見せて、 新たな用途開発を誘起させることです。 以前東京商工会議所と大学・専門学校が連携して「中小企業の底力・魅力発信 プロジェクト」という活動をしたことがあります。 これは各学校の学生が都内の中小企業を取材し、都内…

詳細はこちら

第57話 マーケットの捉え方でビジネスは変わる

マーケットの捉え方でビジネスは変わる。 これを読んでどう思いましたか? 例えば、あなたが持つコア技術やユニークな製品、それを展開する 市場とその規模は、どのように捉えていますか? あなたのビジネスの規模は、その参入している市場の規模に依存します。 当然といえば当然ですね。…

詳細はこちら

第56話 技術をうまく見せるには

以前、手塚治虫氏が1950年代後半に制作した代表作「鉄腕アトム」の 原画が、フランス・パリでオークション(競売)にかけられ、 約3500万円の高値で落札されたとの記事がありました。 その金額の大きさにメディアでも多く取り上げられました。 そこで注目を集めたのが、出品したの…

詳細はこちら

第55話 成長の為のテクニカルマーケティング

中小製造業が持続的成長をするために、あるいは右肩上がりのビジネスを継続していくためには、自社のコア技術を常に進化させ続けることが必要です。 もちろん、品質を落とさずに従来からある製品をコストを下げる努力をしながら提供し続ける、ということも大切な要素のひとつです。 どちらの…

詳細はこちら