• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

ペンとノート 今週の「週間ルーセント通信」 代表 後藤 亘の経営者様向け専門コラム

第47話 コンペティティブ・インテリジェンス

自社の技術を売るマーケティング活動で、一番初めにすることで、かつ最も大切なことは何でしょうか? それは、その技術について、すべてを正しく理解・認識する事です。 特に自分で考案した技術や長期間に渡って小さな改良を重ねてきた製品などの場合、 どうしても思い入れがあるせいか、過…

詳細はこちら

第46話 中小製造業が目指すべきマーケティング業務

モノづくりに関わる中小企業の方とお話すると、よくこんなことを口にされます。 「うちにはマーケティングの専任部隊も担当者もいないんですよ」 しかしよくよく話を聞くと、そういった会社の多くは新商品開発もしているし、 新規の顧客を獲得しながら、売上も伸ばしています。 マーケティ…

詳細はこちら

第45話 コア技術の価値を伝える時のポイント

マーケティング活動として、メーカーが自社の技術や製品について 情報発信をする際には、まずはその技術の価値を正しく評価する ことが必須です。 この場合の評価方法には、大きく分けて2つのポイントがあります。 それは、絶対的な評価と相対的な評価です。 一つ目の絶対的な評価という…

詳細はこちら

第44話 御社の技術は何かで代替できますか?

マーケティングの大切な機能の一つが、情報発信です。 技術を売る製造業の場合であれば、そのコア技術を使うことでユーザーが どんなメリットを享受できるのかを、わかりやすく発信することです。 ここで陥りがちな大きな間違いの一つに、作り手目線の一般的・技術的な 宣伝メッセージを発…

詳細はこちら

第43話 用途開発を自社で行う際のポイント

製造業には、サプライチェーンの一部を担う部品や加工技術を売りにしている メーカーから、最終製品の組み立てを担うメーカーなど様々です。 中には素材や部品に強みを持つ会社が、そのコア技術を使った応用製品の 開発までも、自社で行うケースがあります。 これには2通りの考え方があり…

詳細はこちら

第42話 無限の可能性を持つ新技術を利益に変換するには

ビジネスの世界では、日々新しい技術や部品などが開発されています。 ある分野で画期的な新しい要素技術などが開発された時によく使われる言葉に、 「この技術の可能性は無限大です」というのがあります。おそらく何度か聞いた ことがあると思います。 例えば、すべてのモノがインターネッ…

詳細はこちら

第41話 横展開で失敗しないために

簡単に自社技術や製品の用途を拡大する方法の1つに、横展開があります。 すでに活用されている経営者の方も多いと思います。 既存顧客と同じような製品を作っている企業へアプローチする、 または既存ビジネス業界内でまだ取引がない会社に提案営業をかける、 という方法です。 ターゲッ…

詳細はこちら