• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

用途開発

第88話 技術を用途開発につなげるには

自社が待つ優れた技術やユニークな製品の応用用途を拡大したい。 それを実現するのがテクニカルマーケティングです。 このテクニカルマーケティングも、場面ごとに様々な運用や実践次項があります。 その大きな1つの柱が、見せ方の最適化です。 どういうことでしょうか? 中小製造業の経…

詳細はこちら

第84話 想定外は大歓迎

想定外という言葉が一般的によく使われることになったのは、東北大震災時の原発事故がきっかけだったように思います。 一般に想定外というのは、 「発生すると期待していた、考えていた事と全然別な事象が発生すること」 「発生しうると期待していた、考えたレベル以上の事象が発生すること…

詳細はこちら

第83話 価値の伝え方のコツ

以前のコラムに、価値の捉え方を書き込んだことがあります。 自社が持つ技術的な価値をアピールする際には、そのメッセージや情報発信を受ける側の価値観に留意する必要があるという内容です。 どんなに優れた技術や製品であっても、どんなにスバラシイ価値が合ったとしても、異なる価値観を…

詳細はこちら

第73話 見せ方の工夫事例

カタログでもホームページでも、様々な場面で 自社が持つ技術力についてアピールする必要があります。 しかし作り手目線の一般的・技術的な宣伝メッセージしか 出来ていなければ、業界知識や普段の技術視点が違う潜在顧客には その技術の良さは伝わりませんし、どんな利用の仕方ができるか…

詳細はこちら

第69話 用途開発の目的を明確に

自社の強みであるコア技術を使った応用製品の開発までも、自社で行うケースがあります。 これには2通りの考え方があり、それに応じた取り組み方を はっきりと区別する必要があります。 1つは、コア技術を売るためのツールとして、用途開発をする場合 もう1つは、応用製品まで含めたもの…

詳細はこちら

第65話 マーケティングを考える

新年明けまして、おめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 さて、社長が考えるマーケティングとは、どんなものですか? マーケティングについては、いろいろな考え方や取り組みの方法があります。 しかし一言でマーケティングと言われても、 「なんとなくはわかるけど具体的…

詳細はこちら

第64話 用途開発は難しい?

製造業の経営者が自社の持つ技術をもっと活用したい、売りたい、 と思ったと時に、真っ先に考えるのが商品開発ではないでしょうか? もちろんその技術のことを一番良く知っているのは自社の技術者だし、 それを一番いい形で商品化して事業化できれば、 それは製造業の理想形です。 ところ…

詳細はこちら