• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

用途開発

第28話 用途をイメージできるマーケティングツール

あなたの会社の得意な技術、そしてそれを使った新製品ができました。 それを市場にリリースする場合、例えばそれがB2Cビジネスであれば、 マス広告を使うことで潜在ユーザーにリーチして情報を届けることは、 それほど難しくはありません。 今では、ターゲットを絞ってマス広告を打つこ…

詳細はこちら

第25話 技術の見せ方と用途開発

自社が待つ優れた技術やユニークな製品の応用用途を拡大したい。 それを実現するのがテクニカルマーケティングです。 このテクニカルマーケティングも、場面ごとに様々な運用や実践次項があります。 その大きな1つの柱が、見せ方の最適化です。 どういうことでしょうか? 中小製造業の経…

詳細はこちら

第22話 イベントや展示会への取り組み方

昔から国内外を問わず、様々なイベントや展示会が開催されています。 例えば、今では隔年開催になったモーターショーが有名ですね。 自動車メーカーをはじめ、主要部品メーカーやディーラーが一同に介して、最新技術の展示を行う一大イベントですので、見に行かれた方もいるかと思います。 …

詳細はこちら

第21話 いい想定外で用途開発を促す

想定外という言葉が一般的によく使われることになったのは、東北大震災時の原発事故がきっかけだったように思います。 一般に想定外というのは、 「発生すると期待していた、考えていた事と全然別な事象が発生すること」 「発生しうると期待していた、考えたレベル以上の事象が発生すること…

詳細はこちら

第19話 潜在顧客に技術を見せる場としてのHP

中小製造業が自社技術の情報発信をする「メディア」としても、 あるいは製品を発表する、見せる「場」としても、自社のウェブサイト、 ホームページの重要性はすでにご存知のことと思います。 そして多くの企業で、すでにウェブサイトを開設していると思います。 例えば、「自社技術の利用…

詳細はこちら

第18話 開発段階からマーケティングを考える

製造業の場合、商品開発とマーケティングを切り離して考える事は出来ません。 常にこの2つはセットで計画を作り、運用する必要があります。 さらにこのマーケティングは、用途開発を意識した活動にしないと、 商品開発の成果をビジネスとして刈り取ることは出来ません。 マーケティングと…

詳細はこちら