• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

見せ方

第43話 用途開発を自社で行う際のポイント

製造業には、サプライチェーンの一部を担う部品や加工技術を売りにしている メーカーから、最終製品の組み立てを担うメーカーなど様々です。 中には素材や部品に強みを持つ会社が、そのコア技術を使った応用製品の 開発までも、自社で行うケースがあります。 これには2通りの考え方があり…

詳細はこちら

第42話 無限の可能性を持つ新技術を利益に変換するには

ビジネスの世界では、日々新しい技術や部品などが開発されています。 ある分野で画期的な新しい要素技術などが開発された時によく使われる言葉に、 「この技術の可能性は無限大です」というのがあります。おそらく何度か聞いた ことがあると思います。 例えば、すべてのモノがインターネッ…

詳細はこちら

第41話 横展開で失敗しないために

簡単に自社技術や製品の用途を拡大する方法の1つに、横展開があります。 すでに活用されている経営者の方も多いと思います。 既存顧客と同じような製品を作っている企業へアプローチする、 または既存ビジネス業界内でまだ取引がない会社に提案営業をかける、 という方法です。 ターゲッ…

詳細はこちら

第37話 見せる情報を最適化する

テクニカルマーケティングの基本機能の一つに、自社が持つ技術や製品のベネフィットをわかり易く発信する、というものがあります。 例えば、その技術を使うことで、いままで実現できなかったことができるようになりますよ。 その製品を使うことで、必要なコストや時間が少なくできますよ。こ…

詳細はこちら

第34話 市場拡大戦略と用途開発

ビジネスの成長を図るには、市場の拡大が欠かせません。 これは製造業の第2次産業に限ったことではなく、農業のような第1次産業でも小売業に代表される第3次産業にも共通のことです。 市場拡大戦略のマトリックスはご存知でしょうか。 横軸に既存技術、新技術。縦軸に既存市場、新市場を…

詳細はこちら

第31話 技術の翻訳と見せる場の考え方

先日、手塚治虫氏が1950年代後半に制作した代表作「鉄腕アトム」の原画が、 フランス・パリでオークション(競売)にかけられ、 約3500万円の高値で落札されたとの記事がありました。 その金額にも驚きましたが、注目したのは、出品したのがオーストラリア在住の収集家、 落札した…

詳細はこちら

第29話 テクニカルマーケティングの基本

中小製造業が持続的成長をするためには、自社のコア技術を常に進化させて行くことが求められます。 もちろん、品質を落とさずに従来からある製品を提供し続ける、ということも 大切な要素のひとつです。 どちらのケースでも重要なのは、ビジネスとして利益を上げ続けるということであり、 …

詳細はこちら