• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

見せ方

第31話 技術の翻訳と見せる場の考え方

先日、手塚治虫氏が1950年代後半に制作した代表作「鉄腕アトム」の原画が、 フランス・パリでオークション(競売)にかけられ、 約3500万円の高値で落札されたとの記事がありました。 その金額にも驚きましたが、注目したのは、出品したのがオーストラリア在住の収集家、 落札した…

詳細はこちら

第29話 テクニカルマーケティングの基本

中小製造業が持続的成長をするためには、自社のコア技術を常に進化させて行くことが求められます。 もちろん、品質を落とさずに従来からある製品を提供し続ける、ということも 大切な要素のひとつです。 どちらのケースでも重要なのは、ビジネスとして利益を上げ続けるということであり、 …

詳細はこちら

イノベーションズアイのコラム更新

フジサンケイグループの企業情報サイト「イノベーションズアイ」に、隔週でコラムを掲載しています。 今回は、自社が持つコア技術の特徴や価値を理解してもらうときに使える、1つの切り口についてご紹介しています。 こちらもお時間が許せば、どうぞ。 http://www.innova…

詳細はこちら

第27話 「中小企業の底力・魅力発信プロジェクト」とマーケティング

私が提唱している用途開発誘起戦略で要となるのは、技術の本質をわかりやすく”見せる”ことです。 先日の新聞記事で、この”見せる”に関連した記事がビジネスアイ紙にありました。 それはこういう内容です。 東京商工会議所が都内の大学や専門学校4校と連携し、学生による「中小企業の底…

詳細はこちら

第25話 技術の見せ方と用途開発

自社が待つ優れた技術やユニークな製品の応用用途を拡大したい。 それを実現するのがテクニカルマーケティングです。 このテクニカルマーケティングも、場面ごとに様々な運用や実践次項があります。 その大きな1つの柱が、見せ方の最適化です。 どういうことでしょうか? 中小製造業の経…

詳細はこちら

第24話 暗黙知を見える化、マニュアル化して仕組みづくり

今月は東日本大震災が起きた11日を中心に、様々なイベントが行われたり特集番組が放送されたりしていました。 その中で印象的だったのが、原発事故に対応する職員の方々が使っていた分厚い事故対応マニュアルです。 私も過去に技術設計に関わる仕事をしていたので、マニュアルの大切さや有…

詳細はこちら

第23話 展示会、イベントでのマーケティング事例

前回、展示会やイベントへの取り組み方について解説いたしました。 今回はその流れで、私が実際に関わったイベントについて、前回の流れに沿ってご紹介します。 当時私が所属していた会社では、ユーザーがプログラムを変えることで、論理回路を自由に書き換えることができるという性質を持っ…

詳細はこちら