• TEL : 03-6869-4327
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋2-2-3
    RISHEビル UCF4F

見せ方

第24話 暗黙知を見える化、マニュアル化して仕組みづくり

今月は東日本大震災が起きた11日を中心に、様々なイベントが行われたり特集番組が放送されたりしていました。 その中で印象的だったのが、原発事故に対応する職員の方々が使っていた分厚い事故対応マニュアルです。 私も過去に技術設計に関わる仕事をしていたので、マニュアルの大切さや有…

詳細はこちら

第23話 展示会、イベントでのマーケティング事例

前回、展示会やイベントへの取り組み方について解説いたしました。 今回はその流れで、私が実際に関わったイベントについて、前回の流れに沿ってご紹介します。 当時私が所属していた会社では、ユーザーがプログラムを変えることで、論理回路を自由に書き換えることができるという性質を持っ…

詳細はこちら

第22話 イベントや展示会への取り組み方

昔から国内外を問わず、様々なイベントや展示会が開催されています。 例えば、今では隔年開催になったモーターショーが有名ですね。 自動車メーカーをはじめ、主要部品メーカーやディーラーが一同に介して、最新技術の展示を行う一大イベントですので、見に行かれた方もいるかと思います。 …

詳細はこちら

第20話 価値を可視化してダイレクトに伝える

以前のコラムに、価値の捉え方を書き込んだことがあります。 自社が持つ技術的な価値をアピールする際には、そのメッセージや情報発信を受ける側の価値観に留意する必要があるという内容です。 どんなに優れた技術や製品であっても、どんなにスバラシイ価値が合ったとしても、異なる価値観を…

詳細はこちら

第19話 潜在顧客に技術を見せる場としてのHP

中小製造業が自社技術の情報発信をする「メディア」としても、 あるいは製品を発表する、見せる「場」としても、自社のウェブサイト、 ホームページの重要性はすでにご存知のことと思います。 そして多くの企業で、すでにウェブサイトを開設していると思います。 例えば、「自社技術の利用…

詳細はこちら

第16話 競合分析のポイント

自社の技術を売るマーケティングにおいて、最も大切なこと。 それは、その技術を正しく認識することです。 とりわけ、自分で考案した技術や長期間に渡って小さな改良を重ねてきた製品などの場合、 どうしても贔屓目に評価してしまうことがあるかもしれません。 しかし、あくまでもその技術…

詳細はこちら